萩へ③

2017.12.10 / Sun22:30 /1199 word



12月4日〜5日は3度目の萩出張へ。
今回は萩往還を中心に、また様々なスポットへ案内していただいた。
この出張で、萩市内のほぼ全地域を回った感じ。




まずは「旭村(あさひそん)」という地域へ。
佐々並村と明木村が合併して出来た地域で、佐々並のほうへ。








この地域も伝統的建造物群保存地区で、佐々並は参勤交代の際の宿場町となった地域だとか。
その時代、このあたりを殿様が通っていたのか〜などと考えながら眺めていたら不思議な気分に…。
再び歴史を勉強したくなる萩…恐るべし。








この日、私が一番興奮したのが、樹齢400年の大樫。
武雄の大楠までとはいかないまでも、神秘的すぎてヤバかった、、、





その後は、萩往還のメイン?である一升谷へ。





八合目あたりまでずっと車で走ってきたのだけど、石畳なので道が悪い悪い…。ただ、登りはずっと右手に川が流れていて、本っっっ当に最高だった。いつか機会があったらMTBを持ってまた来たいなと思った。
トレランしている人もいて、「萩往還でトレラン」ってなんて格好良すぎるワードだよ…などと思いながら見ていた。








その後も色々と案内していただき、夕方頃には宿に。
この日ようやく、人気のゲストハウス「ruco」へ宿泊出来た。









次の日は、午前中打ち合わせをして、「道の駅 萩往還」でランチ、その後、リクエストして萩市街が一望出来る「田床山」へ連れて行っていただいた。
この日は気温が低く極寒で、展望台では雪が降って…というか吹雪いていたりしたのだけど、さすが日本海は圧倒的で、めちゃくちゃ格好良かった…!!





最後に、一番近いのに行けていなかった「萩・明倫学舎」へ。
一緒に案内していただいた方のひとりが、ここがまだ現役の小学校だった頃に実際に通っていたとのことで、当時のことも少しお話し伺ったり出来てとても面白かった。






4棟のうち2棟を活用していて、いまだ2棟は当時のままだという。勿体ないなぁ。面白いこと出来そう。





次回は来年になるかと思うのだけど、プライベートでも是非行きたいところ。
またもや2日間お世話になりました。


月火が萩、水曜にガーッと作業して、木曜の徳島での撮影は長崎から巨匠を呼んでいたので、金曜は朝一のskype後にお昼過ぎまで一緒に神戸をぶらぶらして、作業、skype、作業…という、何というか一瞬で1週間が過ぎてしまった。
今週はほぼ長崎、来週は東京予定、再来週に岐阜へ行ければと考えている。ハードだけど、なんやかんやでやっぱり楽しい。


近頃、色んな案件がリスケ&リスケで遅れていたりで、スケジュール調整で今年が終わってしまいそうな勢いだ。時間が無くなるどころかすでにマイナスな感じだけど、まぁ自分なら何とか出来るだろうと根拠の無い自信で、残り少ない2017年を走り抜けようと思う。


年内、年末になってもいいから、絶対の絶対、自転車で山へ行くぞーーーーー!!!(祈




今日の余談。




以上!

Thank you0Thank you for reading!
読み込み中...